パソコン疲れによる目の充血の改善法

もともと視力が悪く、両目とも0.1あるかないかです。
にもかかわらず定期的にメガネを掛けている訳ではなく、遠くの文字を見る際、カバンから取り出して使用する程度です。
今持っているメガネはサイズが小さく、使っていると鼻の付け根や、こめかみが痛くなるというのが理由です。
作り直せばいいだけの話ですが、面倒なのを理由に今に至っています。
いつもテレビは至近距離で見ているのですが、それでも体調のいい日は眼精疲労に悩まされる事はありません。

しかし年齢のせいでしょうか、最近よく目が疲れるようになりました。
特にパソコンを使う際は、画面に顔を近づけた状態を長時間続けているので、首や背中にも負担がかかり目も疲れます。
疲れると眼球の周りや奥が痛くなり、頭痛を伴う事もあって辛いです。
そんな時、充血して目が全体的に赤くなり集中力もなくなるので、どうにかしたいと思うようになりました。

基本的な事かもしれませんが、パソコンの使用時は小まめに休憩をはさんだり、時間を決めて使用する事にしました。
背筋も伸ばし、首を不自然に前へ突き出さないように画面を見るようにすると、それだけでも目の疲れは減ったように感じています。
目薬にも充血用のがあったりするので、そういうの(充血目薬)を使って見るのもいいとは思いますが目薬を使わなくても良い方法もあります。
目が充血した時は、冷やしたタオルで両目を覆い、しばらく横になっていると改善も早いように感じます。
濡れて冷えたタオルにハッカの精油を1~2滴たらしているのですが、スッとした清涼感と爽やかな香りで、目の疲れや、それに伴う充血の引きもいいように感じます。
気分もよくなって一石二鳥なのでおすすめです。