自分を丁寧に扱うことで埋もれ毛を防いでみる

何気なく自分の腕や足を触ったとき、プツっとした感触が手に触れることがあり、そういう時はだいたい埋もれ毛ができていて、少しがっかりしてしまいます。

思わずカリカリっとかきむしってしまったりするのですが、その時はそれで解決することもありますが、その跡が残りやすかったり、毛穴が広がりやすくなったりするのでお勧めはできません。

埋もれ毛ができてしまうときは、ムダ毛処理を焦ってしまったり、適当に行ってしまったりしたときが多いように思います。

毛の流れにそって丁寧に処理をすればいいということはわかってはいるのですが、毛に逆らった方がきれいに処理できる部分もありますし、とても面倒に感じてしまうときなんかは、クリームやせっけんで滑りやすくすることを省いてしまいます。

そういうときに、後から埋もれ毛が表れてしまって後悔するのです。

埋もれ毛ができてしまったときは、できるだけ強引に引っ張り出そうとせずに、いつもよりその部分の保湿を丁寧に行っています。
参考:http://xn--risu08ba40fb66e.net/(埋没毛脱毛.net)

肌質を柔らかくすることで、いつものムダ毛処理中に自然と埋もれ毛が表に出てきてくれるようにしてみたり、肌のターンオーバーの働きが良くなるように保湿をして助けるのです。

そうすると、気が付いたら埋もれ毛が無くなっている場合が多いような気がしています。

何よりも気にしすぎが一番よくないのかな、とも思います。

人間の体には「自己治癒力」が備わっていますから、自分の肌が自分で再生する力を信じることと、普段からできるだけ肌を粗末に扱わないようにすることを心がけています。

背中の産毛って本当にやっかいですよね

私は小さい頃から体毛が濃いです。

小学生高学年から気になっていました。

1番気になっていたのは、背中の産毛です。

母親が私の背中を見ていつも、産毛がひどいと嘆いていました。

だからと言って背中なんて自分では処理できません。

カミソリで処理すると危ないし、見えないし、変になるに決まってます。

本当は産毛の脱毛サロンに行きたかったのですがお金がありません。

そこで私がやっていた産毛の処理の仕方は、ガムテープです。

ガムテープで背中の産毛を取ってしまうのです。

最初にやりだしたのは母親なのですが、ガムテープで背中の毛をとるのを勧めてきたのです。

勧められた時、最初は絶対に嫌だと断りました。

だって、絶対に痛いじゃないですか。

ガムテープで一気に剥がしてしまうなんて、想像しただけでも痛いです。

でも、何度考えてもその方法以外、やりようがないと思えたのです。

なので、一度だけやってみることにしたのです。

自分ではできないので、母親にお願いしました。

快く引き受けてくれて、いざガムテープを貼られました。

はがす時は言ってねと言いかけた瞬間びりっとめくられました。

私はびっくりして飛び上がりました。

しかし、思った以上に痛くありませんでした。

剥がしたガムテープを見せてもらうと、ぎっしりと産毛が付いていたのです。

鏡で背中を確認してみると、剥がした部分はツルツルになっていました。

私はすごく嬉しくて、それ以来背中の産毛はガムテープで処理するようにしています。

この方法を勧めてくれた母親には感謝しています。

脱毛クリニックに行ってみるとセルフ脱毛がしたくなくなる?

横浜在住です。

実は、アラサーと呼ばれる年齢に入るまでは、脱毛は自分でやっていました。しかし、30代も近付いた頃に、脱毛クリニックで脱毛してもらって開眼しましたね。だってもう、キレイに抜けてしまいますから。

もう一度、ストレートな言葉で言ってしまいますと、若い頃はセルフ脱毛で頑張っていたのですが、若くはない年齢になってから脱毛クリニックで脱毛をしてもらって、とても驚いたということです。

何に驚いたのかと言いますと、もちろん「キレイに抜ける」ということに対してです。だってもう、自分でこれまで脱毛に費やしてきた時間を考えると、膨大な時間というものですからね。10代の頃から考えると、10代20代のセルフ脱毛に費やした時間はとても膨大な時間だったことでしょう。

それこそ、セルフ脱毛に費やしてきた時間を時給換算してみれば、全身脱毛コースが何回も利用できるほどでしょう。だからこそ「さっさと外で脱毛しておけば良かったー」と思うんですよね。

ちなみに私が脱毛クリニックで受けた脱毛施術は、医療レーザーというものですが、キレイに抜けてくれるのですよね。痛みは多少はありますよ。でも、「痛み」というよりも「刺激」といった感じですから、慣れてきてしまいますから。

それに医療レーザーを照射してもらってからしばらくしたら、本当に毛穴からすんなりとむだ毛が抜けてくれますので、仕上がりがとてもキレイなんですよね。ひざこぞう周りの毛にしても、あれほどまでに四苦八苦した時間がばからしく感じるほどですから。

薄毛の原因を徹底的に調べ対策を考えよう

薄毛の原因はなんでしょうか。
ストレスや遺伝子によるもの、シャンプーや睡眠不足など原因として考えられるものはたくさんあります。
そして、原因によって対策は全然違うことを意識しなければいけません。

まず最初に実践してもらいたいのが遺伝子検査です。いわゆるAGAというやつで爆笑問題のお2人がCMしている遺伝子が原因の薄毛です。
対策としてはプロペシアという男性ホルモンを抑制する飲み薬が有効ですが、そもそも薄毛の原因が遺伝子かどうかは検査しないとわかりません。
そこで皮膚科などで遺伝子検査をすることによってプロペシアが効きやすいか判定できます。遺伝子検査なので結果は一生変わりません。
費用は10000円くらいで病院によって差があります。ただ、無駄や対策をするお金と時間を考えれば高くはないと思われます。
プロペシアは月8000円くらいですが、ほとんどの場合、効果があります。

さて、遺伝子検査にてAGAではないとわかった場合、次の対策としては睡眠不足、ストレス改善です。そして頭皮環境を整えるためにリアップX5をオススメします。これと並行して亜鉛のサプリメントも摂取します。髪の毛の主成分であるたんぱく質を作るためには亜鉛が必須です。
また、シャンプーもラウレス硫酸ナトリウム配合のものは絶対に使用しないで下さい。これは工業用洗剤にも使われるような泡立ちの良さと安さから店頭の安いシャンプーにはほとんど配合されています。
当然、髪の毛にとって良い訳ありません。私のオススメはINZシャンプーです。コンディショナー要らずのシャンプーで洗い上がりが今までのシャンプーでは体験したことのない滑らかさです。
これら複数の対策を実践することで薄毛は防げます。